TEL:072-936-8810 FAX:072-936-8110
 〒583-0012
 大阪府藤井寺市道明寺5丁目4番1号

診療時間  9:00~12:30 / 16:00~18:00

アレルギー

HOME»  アレルギー

アレルギー科とは

アレルギー科とは気管支喘息アトピー性皮膚炎などアレルギー物質により目や鼻、耳、皮膚、気管、気管支などに色々な症状がでる疾患を取り扱う専門の診療科です。
1996年に厚生労働省によりあらたに標榜することが認められた比較的新しい診療科です。

気管支喘息

気管支喘息は高熱、寒冷、放射線、化学物質、細菌、寄生虫などで気道が炎症を起し、気道に粘液や白血球、細菌、血液などが付着し、気管支が急に縮んで空気の通り道が狭くなり、空気の出入りを妨害されて起ります。人口の3%程度に見られます。
気管支喘息は常に症状があるわけではなく、時間や体調、ストレスなどで強い発作が出たり症状がなかったりします。

アトピー性皮膚炎

アトピーとはアレルギーとほぼ同じ意味の言葉ですが、より正確にはアレルギーの中でも、特に遺伝傾向が強く、片親がアレルギー体質の場合、60~70%、両親の場合は、90%ほどの確率で遺伝します。
アトピー性皮膚炎は、「湿疹ができる」「皮膚がかゆくなる」「皮膚が赤みを帯びる」などの症状が現れる皮膚の病気です。
乾燥肌、刺激に反応しやすい皮膚、かゆみを感じやすい性質、心理的ストレス、外部からの物理的な刺激など、いろいろな要素が関係していて、複数の原因が重なると症状が出てくると考えられます。

免疫

免疫とは、体内に侵入した異物細胞(病原菌など細菌やウイルス、毒素など)から体を守り、外傷やガン細胞化して傷ついたり、古くなった体内細胞を修復・再生して、体の機能やバランスを正常に保つこと。
私たちの体は、生まれつき自分の体内にあったもの(自己)と、そうでないもの(非自己。外部から侵入してきたよそ者)を識別できる能力が備わっています。
そして、非自己が体内に入ってくると、これを識別して、体外へ排出しようとします。
たとえば、細菌やウイルスなどは非自己ですから、これらが体内に入ってきたときには識別され、体外へ排除しようとする機構が働きます。この働きが免疫です。

花粉症

スギなどの木や草花の開花期に一致して発症する、アレルギー性の鼻炎や結膜炎のことを花粉症といいます。
花粉症もいろいろな種類がありますが、特によく知られているのがスギ花粉による花粉症です。
スギによる花粉症は最近爆発的に増えており、年々増加する傾向にあります。
これには、スギ花粉の絶対量の増加も一因となっていますが、食生活や大気汚染などが生体に悪影響を及ぼし、アレルギーにかかりやすい体質という土台を作り上げていることも見逃せない重要な原因であると考えられます。

アレルギー

アレルギーとは「非自己に対して異常に過敏に反応してしまう生体に不利な現象」のことです。
本来は生体の自然な反応でありながら、それが病的症状として現れるものをいいます。
たとえば、ある薬を飲むと皮膚に発疹ができる人がいます。この場合は、その薬が抗原となっています。
体は、抗原に対して抗体を作ります。そして、次に同じ薬を飲んだときに抗原抗体反応を起こすわけですが、この反応が異常に過敏なとき、発疹という症状を現します。これが薬物アレルギーです。

診療メニュー

  • 循環器科
  • 禁煙外来
  • 一般内科
  • 生活習慣病
  • 呼吸器科
  • アレルギー
  • 健診・健康診断
  • 予防接種
  • プラセンタ
TOPへ